遠藤朋代
全米ヨガアライアンスRYT500/E-RYT200
シニアヨガ/セラピカルヨガ/マタニティヨガ
———————————————–

私の紹介

埼玉出身の八丈島在住。
私は25~26歳の頃から10年ほどヨガをしています。

当時は動画を流しながら見よう見まねでやってみるという形で5年ほど続けていました。
5年間もスタジオに通うわけでもなく、ひたすら同じ動画をやり続けるというスタイル。笑

それはヨガが楽しくて、というよりは腰の痛みを緩和させるためのツールとしてヨガを使っていたからです。

その後、選択肢のうちの1つとしてRYT200インストラクター養成講座を受けました。

講座でポーズのことをしっかりと学び、それにより自分の体を知ることになり、そしてこれまで体が硬いとは思ってなかった自分の体がまさか長座ができないという事実に衝撃を受けたのです。

それと同時にこれまでやってきたヨガのポーズがポーズの効果を十分に得られないやり方だったこと、怪我の恐れがあったことも知りました。

ヨガのポーズを学び、自分の体を知ったうえでヨガをやるようになると、みるみる体型は変わるし体重も落ちていく、
これが自分の体のことを知らずにヨガをしていた時代と、自分の体のことを知っている今の大きな違いだなと考えています。

 

カラダのコンプレックスはたくさん持っていて、

そもそも下半身太りや腰痛は自分の体質だと思って受け入れていたので、まさか自分で体のコンプレックスを変えられるということにも驚きでした。

 

内面では気持ちが落ちやすく、落ちると人との連絡を遮断することを多々していた過去。
仕事を辞めた時には鬱状態になり思考はマイナスなことばかり。

それを今は、自分がどんな時にそうなるのか、そーゆー時には何をしたら良いのか自分で対処できるようになり、今の生活があります。

解剖学的な部分にヒットしてヨガにハマったのでやはりポーズをいかに効果的にとるということ、必要な筋力をしっかりと働かせることに重点をおいていますが、

同時に瞑想合宿に参加した時の体験も私の人生に大きく関わっているので最近はどうしたら心のケアを多くの方に認識してもらえるか、とも考えています。

自分の心と体を知ることで、予防・対策ができるようになり、この選択肢があること自体が自分を助けてくれるのです。

自分を知ること、そのツールが私にはヨガなのです^^

 

RYT200インストラクター養成講座開催にむけて

自分の体の変化を実感すればするほど、細かい部分を伝えたい思いが強くなると同時に、一般クラスではなかなか専門的なお伝えが難しく、専門分野を伝えることを決意しインストラクター講師をめざし準備を進めてきました。

2021年、今年やっと実現できる養成講座は自分の勉強苦手な経験を活かし、どうしたらインプットしていけるか、どうしたらアウトプットしていけるかを自分なりに考えて進め方をまとめましたので、勉強が苦手な方でもしっかりインプットしていけるんじゃないかなと思っています。

取得後のアフターフォロー

取得後はみなさんそれぞれで学びを深めていく方が多いと思います。
その時にわからないことを気軽に聞ける、そんな関係を作ってお互いに高め合えたらいいなと思っています。

ヨガのある生活を

八丈島ヨガインストラクター 遠藤 朋代


お気軽にお問い合わせください。070-2619-5945

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。