私自身腰痛持ちだった過去があるため体の不調を治す、というところに重点を置いています。
肩凝りや腰痛、浮腫みなど、体が発信しているSOSにきちんと対応すること。
なぜそれが起きているのか。
ヨガでは自分の身体と心を別々に考えますが、その心の入れ物である身体を大事にすること。それをまず大事にしていきたいと思っています。
身体を大事にできる人は自然と心にも目が向くことができるからです。

ただなんとなくポーズをとってもそのポーズの効果はでません。
しっかりと関節の位置、向きを自分の筋力で動かすことによりそのポーズの効果が最大限に活かされます。
ポーズをとりながら自分の体のクセを知り、自分に必要なポーズの練習を自分でできるように、見るポイントをしっかりと教えます。

大事なのは自分で練習ができるようになること。間違った関節の位置で練習をしないこと。
軽減法もあるので体が硬いからできない。。と思わずまずは軽減法から練習し、余裕があるようなら更に深めて、更に余裕があるようなら更に深めて、、と段階を踏んでどんどんトライしてもらえたらなと思います。
なのでポーズはみんながみんな同じ形をしていないかもしれません。
更にみんな同じポーズをしているように見えても意識するところが違えば効果も違ってきます。
無理して見た目だけみんなと同じにするのではなく、きちんと自分の体(可動域)に合ったポーズをとり、自分の求めるものを吸収していけるような、そんなヨガをしていきたいです。

日々の幸せは不調をなくすことから。落ち着いた心で、自分の身体をみつめ、大切にできますように。

お気軽にお問い合わせください。070-2619-5945

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。